ペンションもくもく 時々手作り日記・ お菓子のレシピ 忍者ブログ
お店などない奥日光の山の中の生活を彩る、 食べ物やアクセサリーなどの楽しい手作り生活、また大好きな旅行について時々書いてます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


さて今日はバレンタインなので、日頃お世話になってるエノさんと、

今日宿泊していただいた、モリトとパタゴニアの方々に生チョコを作りました。

そのレシピはとっても簡単です。

材料 チョコレート200g 生クリーム300cc

作り方 

①チョコレートを湯銭にかける。
  本にはチョコを細かく刻んで、と書いてありますが、
  時間はかかりますが、そのまま刻まずに湯銭にかけても、きれいに溶けます。

②その間に生クリームを沸騰直前まで温めます。

③とけたチョコを火からおろし、生クリームを入れ、泡だて器でよく混ぜ合わせます。

④粗熱が取れたら、ラップを敷き詰めた箱やタッパーなどに流しいれ、
  固まるまで、冷蔵庫で冷やします。

⑤生チョコを好みの大きさに切り、ココアパウダーにまぶして出来上がりです。
  食べ切れ無い分は、ジップロックにいれ冷凍保存できます。

今回、ココアが無くて、仕方なくインスタントのミルクココアをまぶしてしまいました。

出来上がりが白っぽくて、あんまり美味しそうに見えませんが、味は最高です。

ところで、犬や猫にチョコを食べさせてはいけないんだそうですね、知りませんでした。

namachoko.jpgmao-onaka.jpg





小顔なのに、お腹がすごいマオちゃんです。
PR

お客様用のデザートにチョコレート・ムースを作りました。
cake.jpg





材料 直径7.5cmの型 30個分です。

    チョコレート 300g  グラニュー糖 100g  ゼラチン 30g
    卵白 6個分  グラニュー糖 60g  生クリーム 600cc

作り方 ①ゼラチンを180ccの水でふやかしておく。

     ②卵白6個分にグラニュー糖60gを加え、ピンと角が立つまで泡立てる。

     ③生クリームを8分程度泡立てる。

     ④チョコレートを割って、水240cc・グラニュー糖100gと一緒にボールに入れ、
      湯銭にかけて煮溶かす。
      溶けたら、ふやかしておいたゼラチンを加えてよくまぜる。

     ⑤④を火からおろしてアラ熱がとれたら、泡立てた生クリームを入れて混ぜ合わせる。

     ⑥次に卵白をいれよく混ぜ合わせる。

     ⑦器にそそいで冷蔵庫で冷やし固め、最後に生クリームとチョコチップ、ミントの葉をかざりました。
      トッピングはお好みでどうぞ。

cchokomu-su4.jpgchokomu-su3.jpgchokomu-su2.jpg






     

rinngon-taruto.jpg最近とても簡単で美味しい果物のタルト作りにはまっています。

秋、洋梨が有るときは洋梨のタルト。

今はリンゴのタルトを作ってお客様にお出ししています。

粉砂糖をふって、カラメルソースを添えて。

とても簡単なのでレシピをご紹介しますね。

材料 パイシート1枚・リンゴ小2個(大1個)・卵1個・生クリーム1カップ・砂糖30g(リンゴを煮るのは別です)

rinngo-taruto4.jpg①22cmのパイ皿に対してリンゴ小2個(大1個)くらい。

リンゴをイチョウに切って、

リンゴの量の10パーセントの砂糖でリンゴを煮ます。

※煮すぎない様に注意、歯ごたえが残るくらいに

rinngo-taruto3.jpg②パイ皿にパイシート1枚を伸ばして敷き詰め、

余分な物は手で押さえてカットします。





rinngo-taruto2.jpg③パイ皿一枚にたいして

卵1個 生クリーム1カップ 砂糖30g

を混ぜ合わせてフィーリングを作ります。



rinngo-taruto8.jpg④さっと煮たリンゴをパイ皿に敷き詰めます。







rinngo-taruto7.jpg⑤フィーリングを静かにリンゴの上からそそぎます。







rinngo-taruto6.jpg⑥180度で予熱していたオーブンに入れ、

160度で40分焼きます。

※オーブンによって温度や時間が異なると思います。



rinngo-taruto.jpg⑦美味しそうに焼きあがりました。

でも完全に冷めてから出ないと、柔らかくて切りにくいので、

出来れば、1日くらいおいて落ち着いてから召し上がれ。

どうですか、とっても簡単でしょう?


イタリアのチョコレートケーキ 「 トルテ カプレーゼ」  Torta Caprese
 の作り方を遊びに来たイタリア人のアレに教わりました。

料理が得意なアレがマンマの味のチョコレートケーキを焼いて、
友人達にふるまったところ、

「メチャメチャ美味しい!!これなら売れるんじゃない」と言われ
今年の夏は焼いて焼きまくり、

3ユーロの材料費で13ユーロでお店におろしたので、
旅行費くらいは稼いだらしい。

そのレシピ

kapure-ze3.jpg材料
チョコレート・ビター 320g   バター160g

砂糖160g   強力粉40g   卵 5個

クルミ 30g~50g  塩少々


①チョコとバターを湯せんにかけとかす。

②それに砂糖と塩少々を加える。

③卵は卵黄と卵白に分け、卵白はかたくあわ立てる。
 卵黄はチョコレートのほうに混ぜ合わせる。

④さらにチョコの中に、ふるった強力粉と手で砕いたクルミを混ぜ合わせる。

⑤最後に泡立てた卵白・メレンゲをゆっくり、ゆっくり、ゆっくり混ぜ合わせる。

⑥小麦粉をふった型に流し込み、上に砕いてないクルミをかざる。

⑦170度のオーブンで40分焼く。

kapure-ze.jpg美味しそうに焼きあがりました。

冷めてからのほうがしっとりして、

もっとおいしくなるそうです。 





kapure-ze2.jpgすごくおいしかったけど結構ずっしり

お腹に来ます。

今度お客さんのデザート用に作ってみますね。



ところでトルテ・カプレーゼはカプリ島から来たお菓子と言うような意味で、

トマトとモッツレラチーズのサラダのこともカプレーゼといいますが、

やっぱりこのサラダもカプリ島が発生の地だそうです、へーーそうなんだ知らなかった。

ちょっと賢くなりました。
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/06 kumi ]
[03/03 rukorina]
[02/13 rukorina]
[02/11 rukorina]
[01/29 rukorina]
最新TB
プロフィール
HN:
マンマミーア
性別:
女性
職業:
自営業
趣味:
旅行・読書・アクセサリー作り・ スノーボード・テニス
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター

忍者ブログ [PR]